Calendar

    2008.02.
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 -

    カウンター

    bakeのこと

    bakeneko

    Author:bakeneko
    ・bakeと呼んでください

    ・1965.7.1 生まれ

    ・兵庫県明石市在住

    ・年下旦那と猫二匹と同居


    ・初代愛猫 重千代
     2010.10.3 お空に飛んでった


    ・二代目の愛猫たち 

     八兵衛 愛称 ハッチ
     2010.7 生まれ


     ショウタ 愛称 ボン
     2010.10 生まれ

    リンクはフリ―です
    コメント、いじりお待ちしてます



    admin

    素敵サイトさん

    ブロとも申請フォーム

    ブロともさんです♪

    最新トラックバック

    --
    ----
    --

    スポンサーサイト

    スポンサー広告| --:--| TOP
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

    スポンサー広告| --:--| TOP
    2008
    0202
    Sat

    感染

    読んだ本。読んだ本C:0T:0| 21:37| TOP
    31567288.jpg

    仙川環/著
    小学館文庫    ¥580

    ウィルス研究医・仲沢葉月は、ある晩、
    未来を嘱望されている夫・啓介と前妻との間の子が
    誘拐されたという連絡を受ける。
    幼子は焼死体で発見されるという最悪の事件となったにもかかわらず、
    啓介は女からの呼び出しに出かけていったきり音信普通。
    痛み戸惑う気持ちで夫の行方を捜すうち、
    彼女は続発する幼児誘拐殺人事件の意外な共通点と、
    医学会を揺るがす危険な策謀に辿り着く―――。
    医学ジャーナリストが描く、迫真の医療サスペンス!
    第一回小学館文庫小説賞受賞作。


    ウィルス研究医の葉月の夫は再婚
    前妻との間には息子がいた
    その息子は重い心臓病で
    助かる道は臓器移植しか方法は無い…

    臓器移植に纏わるミステリです
    海堂尊氏の「バチスタ」あたりとは
    かなり趣は違いますが
    現在の日本における臓器移植法について考えさせられますね
    ただ読み進めていくうちに
    謎解きや医療に関して書きたいのは理解できるのですが
    子供を亡くす親の気持ちが弱いのではと思いました
    話自体はとても面白くアッと言う間に読めてしまいます
    これで登場人物の心理描写がきっちりとしていたら
    もっと面白く怖い作品になったのではと少々残念

    私的には★★★☆☆でしょうかね




    スポンサーサイト
    にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

    読んだ本。読んだ本C:0T:0| 21:37| TOP

    Copyright © ばけ猫 Day's All Rights Reserved.

    Designed by Flug / Illust by 猫の小手先 / Admin

    FC2Ad


    カテゴリ

    最新コメント

    最新記事

    月別アーカイブ

    わんにゃん里親募集中

    いつでも里親募集中

    bakeにお手紙ください

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。