Calendar

    2017.06.
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - - 1 2 3
    4 5 6 7 8 9 10
    11 12 13 14 15 16 17
    18 19 20 21 22 23 24
    25 26 27 28 29 30 -

    カウンター

    bakeのこと

    bakeneko

    Author:bakeneko
    ・bakeと呼んでください

    ・1965.7.1 生まれ

    ・兵庫県明石市在住

    ・年下旦那と猫二匹と同居


    ・初代愛猫 重千代
     2010.10.3 お空に飛んでった


    ・二代目の愛猫たち 

     八兵衛 愛称 ハッチ
     2010.7 生まれ


     ショウタ 愛称 ボン
     2010.10 生まれ

    リンクはフリ―です
    コメント、いじりお待ちしてます



    admin

    素敵サイトさん

    ブロとも申請フォーム

    ブロともさんです♪

    最新トラックバック

    --
    ----
    --

    スポンサーサイト

    スポンサー広告| --:--| TOP
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

    スポンサー広告| --:--| TOP
    2009
    0909
    Wed

    トーマの心臓

    読んだ本。読んだ本C:0T:0| 11:52| TOP
    7andy_32286190.jpg

    ユーリに手紙を残して死んだトーマという美しい下級生。
    ユーリを慕っていたという彼は、なぜ死を選んだのか。
    良家の子息が通う、この学校の校長のもとに預けられたオスカーは、
    同室のユーリにずいぶんと助けられて学生生活を送ってきた。
    最近不安定なユーリの心に、トーマの死がまた暗い影を落とすのではないか。
    そんな憂慮をするオスカーの前に現われた転校生エーリク。
    驚くことに彼はトーマそっくりだったのだ-。

    愛と孤独、生と死に苦悩する若者の内面を
    森 博嗣的世界観で描いた傑作



    1974年に描かれた萩尾望都氏の漫画が原作

    以前から森氏自身の本の中で
    萩尾氏への想いは語っておられたが…
    とうとう【小説化】してしまったようです

    原作の漫画が連載されていた当時
    私はいたいけな小学校中学年でしたので
    作品の中身を理解することはできずに
    【萩尾氏の作品は難解だ…】
    このように幼い頭にインプリンティングされ
    以来、萩尾氏の作品は苦手でした
    (絵はきれいで大好きでしたよ)

    今回、森氏の書いた「トーマの心臓」で
    やっと物語の全容が見えました
    理解できたかは甚だ不明…ですが
    しかし、漫画をここまで小説でリメイクできるとは
    森博嗣、恐るべしです

    こんなに切ないお話しだったんですね
    これは漫画のほうも再読が必要です
    萩尾作品一気読み週間でしょうか

    森博嗣版 【トーマの心臓】

    本の装丁も素敵です
    お話しも素敵です

    永久保存版になりました



    関連記事
    にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

    読んだ本。読んだ本C:0T:0| 11:52| TOP

    Comment

    Name
    Mail
    URL
    Title
    Message

    Pass
    Secret

    Top

    Trackback

    Trackback URL

    Top

    Copyright © ばけ猫 Day's All Rights Reserved.

    Designed by Flug / Illust by 猫の小手先 / Admin

    FC2Ad


    カテゴリ

    最新コメント

    最新記事

    月別アーカイブ

    わんにゃん里親募集中

    いつでも里親募集中

    bakeにお手紙ください

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。