Calendar

    2017.08.
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    カウンター

    bakeのこと

    bakeneko

    Author:bakeneko
    ・bakeと呼んでください

    ・1965.7.1 生まれ

    ・兵庫県明石市在住

    ・年下旦那と猫二匹と同居


    ・初代愛猫 重千代
     2010.10.3 お空に飛んでった


    ・二代目の愛猫たち 

     八兵衛 愛称 ハッチ
     2010.7 生まれ


     ショウタ 愛称 ボン
     2010.10 生まれ

    リンクはフリ―です
    コメント、いじりお待ちしてます



    admin

    素敵サイトさん

    ブロとも申請フォーム

    ブロともさんです♪

    最新トラックバック

    --
    ----
    --

    スポンサーサイト

    スポンサー広告| --:--| TOP
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

    スポンサー広告| --:--| TOP
    2008
    0207
    Thu

    眠らない少女

    読んだ本。読んだ本C:0T:0| 21:43| TOP
    31744195.jpg

    高橋克彦/著
    角川文庫    ¥660

    深夜2時を過ぎても眠ろうとしない5歳のむ目に手を焼き、妻が口にした一言。
    この一語によって、夫は、かつて耳にした世にも恐ろしい物語
    「人喰いあまんじゃく」を思い出すのだが・・・・・・・・。
    (表題作「眠らない少女」)。
    ホラー、ミステリー、タイムトラベル、幻想、掌編小説・・・・・・・。
    「いつかは果たしたい夢」だったと語る著者自薦による初期短編集。
    いずれも名品佳作の、高橋文学の精髄を示す宝玉10編!
    全編自作解題付き。


    岩手や秋田など東北にまつわる
    民話というか怪奇譚がベースになっているようです
    表題作の「眠らない少女」も怖いのですが
    「子をとろ子とろ」が一番ゾッとしました
    この作品は「間引き」が下敷きになっているようですが
    ただの「間引き」ではありません
    でも、実際に日本でこんなことがあったのでしょうかね?
    確かに各地に伝承はあるのですから
    まったくの創作とは思えない
    だからこそジワジワと恐怖が迫ってきます

    作者自身も解題で書いていますが
    私の一番名好きな作品は
    本書の一番最後に掲載されている「紙の蜻蛉」
    こちらは「転生」のお話し
    これはシリーズ化されているようなので
    今後、探して読んでみようかと思っています

    この本を読むと民話なんかを詳しく調べたくなります
    遠野物語も読みたくなってきたな




    関連記事
    にほんブログ村 主婦日記ブログ 40代主婦へ

    読んだ本。読んだ本C:0T:0| 21:43| TOP

    Comment

    Name
    Mail
    URL
    Title
    Message

    Pass
    Secret

    Top

    Trackback

    Trackback URL

    Top

    Copyright © ばけ猫 Day's All Rights Reserved.

    Designed by Flug / Illust by 猫の小手先 / Admin

    FC2Ad


    カテゴリ

    最新コメント

    最新記事

    月別アーカイブ

    わんにゃん里親募集中

    いつでも里親募集中

    bakeにお手紙ください

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    Twitter


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。